1. HOME
  2. ブログ
  3. 皆さん方のお店の幹部やスタイリストに名刺を供与していますか?

皆さん方のお店の幹部やスタイリストに名刺を供与していますか?

名刺の活用
皆さん方のお店の幹部やスタイリストに名刺を供与していますか?
名刺の効用は、① 組織への帰属効果 ② 肩書効果 ③ 広告宣伝効果 ④ 情報伝達効果 ⑤ コミュニケーション効果など
しかし、大半はこの名刺を使いこなしていません。
それは名刺の取り扱いにノウハウが無いからです。
ただたんに供与し、あとは任意になっているんです。
そもそも名刺を持たせてあげるという考えが誤りなんです。
名刺は任意に扱わせるものではありません。
扱い方を明確に指導するものです。
有効なツールとして活用させるモノなんです。
その指導内容は名刺交換のマナーはもちろんのこと、名刺を渡すタイミング、渡す時の言葉の添え方、そして名刺の配布枚数。
名刺は新規客との接点のツールに位置付けるんです。
そのために渡し方を指導して配布枚数にノルマを課すんです。
もちろん目標を設定します。
どれだけの期間でどれだけの数を使い、どれだけの成果を導くか。
名刺配布による新規獲得率例えば5%
名刺20枚で一人の新規を目標としたら100枚で5人の新規が獲得できるんです。
名刺1枚のコストは僅か20円程度でしょう。
2000円で5人、400円でご新規一人が獲得できるんです。
その効果を高めるために私どもではLINEとFacebookのQRコードを紙面に配置しました。
渡して終わりではなく、渡して繋がる。
コンマ1%でも効果を引き上げる努力が大事なんです。
それは名刺を有効なツールと捉えているからです。