1. HOME
  2. ブログ
  3. 髪屋の未来は?捨て去った代償は大きい 小さくしてしまった市場

髪屋の未来は?捨て去った代償は大きい 小さくしてしまった市場

今の業界、この先ってどうなると思いますか?

この先の業界を予測します。

歴史をたどれば、変遷をたどればこの先の未来が見えてきます。

80年代半ばから後期までは、美容室はパーマ屋さんと呼ばれていました。

80年台後半からヘアのみの産業に
シフトしてしまい、パーツビューティのお店に変わってしまいました。

マーケットを全方位的に広げてサービスの対応力を大きくしましょう。

今の方向性をもう一度考えてみてはいかがですか?