ヘッドスパのスペシャリスト育成で、再来率も客単価も上がる!

 

そんなヘッドスパを、スペシャリスト育成から人気メニューにし、リピート率・客単価アップまで実現させるスクールがあるのをご存知ですか?
スクールシステム その1
三大体液にフォーカスしたスパメソッド
・血液
・リンパ
・脳脊髄液ヘッドスパの特徴
解剖学、解剖生理学に基づき骨格、筋肉に対して適切なアプローチを施すことで、
従来のヘッドスパと比較し、驚くべき程のすっきり感を実現。
頭皮のみならずお身体にもアプローチかけることで、お客様の外面・内面の美容と健康をサポート

スクールシステム その2

 

ここがすごい!

2日でスパデビュー、即売上構築につながる

”ここがすごい”
2〜7日でデビュー。
新人が1ヶ月目からサロンの即戦力化!

ゴッドハンドの法則を用いることで、2日でヘッドスパ30分コースを習得。
また全メニューをシャンプーからヘッドスパに切り替えることで、ヘッドスパ比率を100%にしてしまい、
「シャンプーの上位互換がヘッドスパ」という
概念そのものを破壊し、ヘッドスパを文化にする戦略を推薦しています。
顧客満足度アップによる再来率アップ・客単価アップを狙う。

スクールシステム その3

 

 

 

ヘッドスパを文化にするためのプラン

上記のように新しい文化を作るときには、

1、拡散期
2、安定期
3、展開期

の、3ステップに分けて考えると目的が見えやすくなります。

特に「1、2」に重点をおいた戦略を軸に考え、
全メニューにスパを取り入れることを推薦しております。

スクールでは、サロンでのスパが文化になるまでの導線設計を
作り、「ヘッドスパの成功率を上げる」までの、サポートを行なっております。

 

他のスパスクールとの違い その1

         ⬇︎

 

他のスパスクールとの違い その2

 

 

             ⬇︎

 

 

他のスパスクールとの違い その3

 

 

         ⬇︎

 

 

 

スパスクール導入後フロー 1
1日目
技術レッスン 7時間
・スパ手順習得
・ゴッドハンド法則習得(触れ方、姿勢)
・チェックシートの活用法指導2日目
技術 5時間 知識 2時間
・技術おさらい
・知識勉強
・マネジメント戦略勉強『宿題』チェックシート
10〜30枚ポイント
当スクールでは、「スクールに出て習得」は理論上難しいと考えております。
本質的な「習得」は、やはりセミナー後のブラッシュアップにあると考えており、
当スクールでは、宿題をいくつか用意し、本質的な技術習得を目的とした
スクールになります。

スパスクール導入後フロー その2

 

 

スパスクール内訳と費用

わずか2日で完結!

2DAY
▶︎技術講習・・・12時間
▶︎知識講習・・・2時間
▶︎インストラクター育成・・・4名

[導入後サポート] ▶︎技術マニュアル
▶︎知識マニュアル
▶︎ゴッドハンドの法則
▶︎技術動画マニュアル
▶︎マネジメント戦略
▶︎モデルチェックシート
▶︎セルフチェックシート
▶︎インストラクターチェックシート
▶︎ミーティングシート
▶︎知識テスト

etc使い放題

費用についてと、導入のご相談などは、情報の宝箱ランドLINEに、
「スパスクールついて」と
・お名前
・サロン名もしくは会社名
・住所
・電話番号
・メールアドレス
を、明記のうえメッセージください。
折り返しご返信させていただきます。
※バックシャンプーのサロンのみとなります。

お問い合わせ

お問い合わせは公式LINE

または問い合わせフォームよりお問い合わせください。